会社設立の相談は税理士へ

会社設立は、一度は憧れることかもしれません、自分が社長となって、大きなお金や、人材を使いながら夢を実現していくのは、雇用される側では味わえない魅力があることでしょう。会社設立と聞くと、難しいイメージがあるかもしれませんが、コツをつかんで物事を進めていけば短期間で必要な手続きはすぐにすることが可能になります。個人事業主として起業することもできますが、もしも株式会社を設立するなら数々のメリットが見込めます。

まずは、会社としての信用度が上がることです。株式会社としての立場ゆえに対外的な印象は大きく変わりますし、株式会社であるがゆえに取引できる企業も増えてきます。このようなビジネスチャンスの拡大を狙う上でも株式会社の設立にはメリットがあるのです。また、個人事業主の際には経費として認められないものでも、株式会社になれば経費として計上できる項目が増えます。

一方で株式会社として起業すると、従業員のために社会保険料を支払う必要が出てきますので、野党コストが倍増するというデメリットもあります。また、たとえ赤字であったとしても法人税は納めなければいけません。また、源泉徴収の納付、保険の手続きなど、株式会社として展開するがゆえに増える仕事や手間、出費も増えることは否めません。そのようなバランスをしっかりと管理して、利益につなげるために、税理士への相談が;不可欠なのです。優秀な税理士が入れば、効果的にお金をやりくりし、最大限に利益を上げることが可能となるでしょう。